Information

一覧に戻る

京都が“響都”へ! 冬のロックフェス「ポルノ超特急」開催[2018/01/25]

この公演をはてなブックマークに追加 友達に教える

_

 ROTTENGRAFFTYが主催するロックイベント「ポルノ超特急」が今年も京都・パルスプラザにて2日間に渡って開催された。“金閣”“銀閣”と銘打たれたステージには30組のアーティストやお笑い芸人が出演。延べ30,000人のオーディエンスと共に、冬の“響都”は大きな盛り上がりを見せてくれた。初日に続いて、2日目の模様をお届けしたい♪

初日に続き、この日も主催であるROTTENGRAFFTY(以下、ロットン)のメンバーとMCのやべきょうすけが登場。開演を知らせる発車の合図を叫び、トップバッターの登場を待ちわびる。

_

 

 2日目の幕開け、始発列車に登場したのは「ポルノ超特急」初出演にして滋賀からの刺客(!?)、T.M.Revolution!!(しかも人生初の朝一番のライブとか♪) 1曲目「WHITE BREATH ver.SSA」、初っ端から最強のキラーチューンに会場は一瞬にして大合唱の嵐に。バンドセットでの出演ということもあり、原曲とは違った強固に攻め込んだアレンジは圧倒的な存在感を放っている。西川貴教は圧倒的な声量と存在感を以て、早くもステージを右へ左へと懸け走り、オーディエンス誰ひとりも漏らすことなく虜にしていく。「WILD RUSH ver.SSA」「HOT LIMIT ver.SSA」とお馴染みのナンバーを投下するたび、割れんばかりの歓声が巻き起こり、西川自身もロックフェスの出演という、いつもとは違う環境を存分に楽しんでいるようだ。MCでは「ポルノ超特急2日目、クリスマスイブ…みんなの気持ちをちょっぴり夏に近づけに来ました!」とさすがの一言! さらに、出身である滋賀県をアピールしつつ「長きに渡る滋賀と京都の確執もこの日で和解ということで…。屋内えぇな~。9月のイナズマにも来てもらえたら。2018年の10周年に呼ぼうかなと思っています!」と、互いにイベントを主催する同士、次は滋賀でのイナズマロックフェスへの出演をステージで誓う西川の発言に会場からは狂喜乱舞の歓声が!!  そのままラスト「DOUBLE-DEAL」まで超特急の名にふさわしいパフォーマンスで、ポル超ファンに強烈なインパクトを残していった。

_

T.M.Revolution

 続くCrossfaithは「System X」からEDMを盛り込んだナンバーで観客を揺さぶっていく。メンバーそれぞれの多彩なカラーが打ち出された楽曲陣は重厚感がありながらもしっかりと華やかさを打ち出し、ディープなサウンドが脳内を心地よく巡っていく。「Freedom」ではバンドが持つスケールの大きさをこれでもかと見せつけていく。一音に込められたパワーは凄まじく、「2017年、終わらせに来たぞ!! オレたちに地獄を見せてくれ!」と「Countdown To Hell」ではフロアに巨大なウォールオブデスが作り上げられ、興奮と緊張感がマックス状態に。さらに「Wildfire」ではSiMのMAHが乱入するシーンも! 初出演ながらも豪快な景色を作り出し、金閣ステージの熱をさらに上昇させていく。

_

Crossfaith

 “群馬のローカルヤンキー”こと、G-FREAK FACTORYは“言葉”が持つ力の凄さを音に乗せて体感させていく。「Too oLD To KNoW」、シンプルな音の旋律に次々と溢れる思いを乗せていく。ノーマイクで口早に思いを叫ぶ姿からは目が離せず、「プロモーションをしにきたんじゃねぇ! ライブをしにきたんだ!」と、金閣ステージに上がる意味を切々と語り、「日はまだ高く」へ。レゲエの緩やかなサウンドに身を任せるなか、ロットン・N∀OKIがサプライズで登場! ラップとレゲエのコラボで観客を沸かすと、「ダディ・ダーリン」「島生民」と、画を描くように、感情を音にするように音を紡いでいく。ラスト、仲間を思い歌う「EVEN」ではピースフルな世界観の中にも熱く滾る思いを見せつけ、“ポル超”にまた新しい音楽が拓けたように感じた。

_

G-FREAK FACTORY

 4年連続で出演するDragon Ashは「Mix It Up」から桜井誠(Dr)の弾くビート、KenKen(Ba)のタフなリズムが頭のてっぺんから振り落とされるようで、バンドの打ち出す衝撃にオーディエンスは興奮を高めていく。HIROKI(Gt)の打ち出すメロは強靭なバンドサウンドに繊細さを加え、2人のダンサーの艶をも増強! THE MAD CAPSULE MARKETSのカバー曲「Pulse」では攻撃性の高いビートの中にもバンドの愛嬌を込め、新しい表情を見せてくれる。ライブ中盤、IKUZONEのシンボルでもあるシャツがステージ前方に出され披露されたのはやはり「Fantasista」! オーディエンスとも息ぴったりに、Kj(Vo&Gt)は軽快なラップで会場を跳ね上げさせる。MCではKenKenが京都へ引っ越してきたことを告白し、「The Live」へ。緩急鋭い展開、生命力漲るリズムにフロアが大いに揺れると、ラストはNOBUYA、侑威地も参加し、ロットンのカバーで「THIS WORLD」で“ポル超”の列車の速度を上げていった。

_

Dragon Ash

 もちろん、この日も金閣ステージの転換時にはお笑い芸人が登場。フースーヤ、かつみ♡さゆり、川畑泰史(吉本新喜劇)、ティーアップと、若手もベテランもロックファンを大いに笑わせていく。
 さらに、お隣の銀閣ステージは前日以上に個性ある顔ぶれが集結。トップバッターのTHE SKIPPERSは「LOOKIN’ BACK」からご機嫌なパンクロックで、これでもかとダイバーを量産!! 「PUNK THIS TOWN」「GOING SKIP」と「乗り遅れるなよ~! オレらが連れてったるわ♪」と、力強いメッセージを音に乗せ、ビシリとキメていく。続くSIX LOUNGEは「ロックンロールは好きですか?」と、バンドの旨みを閉じ込めた「メリールー」などぐっと思いを染み込ませた真っすぐなロックサウンドで観客の心を虜にする。今回初出演の彼ら、実はロットンとは今回のイベントで初めて会話をしたというほど関わりは薄かったとか。それでも、ジャンルもシーンも飛び越え、ひたすらに“かっこいい”音だけを追求するのが“ポル超”らしさなのだろう。

_

THE SKIPPERS

_

SIX LOUNGE

 その後も打首獄門同好会はラウドなサウンドで肉や魚に米と食べ物を謳い、lynch.は「御化粧バンド代表です」と謳いつつも濃厚な世界観を持つメタルサウンドで観客を魅了。韻踏合組合にはロットン・N∀OKIが乱入してラップバトルを披露し、OVER ARM THROWはソリッドかつ芯の太いサウンドでフロアを沸かす。そしてラストはNAMBA69! 一時はメンバーの緊急手術により出演が危ぶまれたものの、見事な回復力で初出演が実現。ロットン・NOBUYAのリクエストという「WALK」からライブをスタートすると、抜群のグッドメロディで心震わすと、その後はタフなパンクロックで観客を魅了。Kjもサプライズ出演しての「カントリーロード」など、金閣の大トリであるロットンへ向けて、ぐっと背中を押す熱いステージで銀閣ステージを締めてくれた。

_

打首獄門同好会

_

lynch.

_

韻踏合組合

_

OVER ARM THROW

_

NAMBA69

 イベントは折り返し地点、キュウソネコカミは「MEGA SHAKE IT!」から瞬発力高いステージでオーディエンスのテンションをブチ上げにかかっていく。「ビビった」では殺傷能力高めの癖になるメロに、フロア後方までびっしりと集まった観客が大いに沸き立つ。「TOSHI-LOWさん」ではもちろん、名前にあやかりフロアに豪華にクラウドサーフを決め込み、バンドのテンションにつられたのかロットン・NOBUYAも一緒になってフロアへ飛び込むサプライズも! さらに、フロアの中心で三段ピラミッドを作り上げるなど楽曲はもちろん、パフォーマンスからも一時も目を離すことができない。「音楽性の違いもあるけど、来年も出たい!」と来年の出演もお願いしつつ、止まることないテンションのまま全8曲を突き抜けた。

_

キュウソネコカミ

 マイクを鞭のようにしならせ、「バトンなんてどうでも良し! SiMのライブへようこそ!」と、イベントの慣れ合いは不要、ライブバンドはステージの上では戦うのみと、言葉を投げかけたのはSiM! その言葉の通り、「Blah Blah Blah」から一切容赦なしの挑発的なステージングで本気のぶつかり合いを求めていく。オーディエンスもその煽りに応えるように、ダイブ&モッシュ&ウォールオブデスと飢えを癒すように暴れ、踊り狂い続ける。続く「Amy」、SIN(Ba)が打ち出す攻撃力高いリズムは遊び心も満載で、GODRi(Dr)の押し出すタイトなパワービートに観客らは全身をぶつけ合い音に応えていく。MAH(Vo)は終始ロットンや次に出演するホルモンをいじり、トリへの期待値をこれでもかと上げていく。ヒール役を演じつつも、しっかりとロットンへの愛を感じるのも彼ららしいところだろう。その後もSHOW-HATE(Gt)の過激なリフが堪らない「KiLLiNG ME」やCrossfaithのメンバーも乱入しての「f.a.i.t.h」などトドメを刺せと言わんばかりの轟音を響かせ、彼らなりのエールを込めたステージが幕を閉じた。

_

SiM

 “ポル超”初出演のマキシマム ザ ホルモンは「ぶっ生き返す!!」からフロアをヘドバンの嵐に巻き込んでいく。ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)の甲高いシャウト、マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)のスリルあるギターリフ、体をゆさぶる上ちゃん(4弦)のリズム、何度もやってくるピークに観客らはその度に大歓声で音に応える。フェスならではのナヲ(ドラムと女声と姉)のスクリーン芸もばっちり♪ その後も「爪爪爪」「『F』」と、おかわり必須なナンバーが連発され、「負けるつもりは一切ない! 勝ちにしか来てないから♪」という言葉の通り、雷鳴のようなタフなサウンドが次々に投下されていく。ラスト「恋のスペルマ」では出演者はもちろん、セキュリティスタッフも巻き込んでの豪快なステージに観客は拍手喝采!! 大トリに向けて、これ以上ない煽りが送られた。

_

マキシマム ザ ホルモン

 そしていよいよ2日目、最終列車の終着駅としてROTTENGRAFFTYが登場。全ての出演者の期待と煽りを受けた5人がどんなライブを見せてくれるのか、オーディエンスは期待に溢れフロアはライブ開始前から汗が噴き出すほどの熱気に満ちていた。待ちに待った1曲目は「THIS WORLD」! まさかの初っ端からの全力走行に観客らは一瞬驚きの表情を見せたものの、すぐさま音に応えていく。NOBUYA(Vo)、N∀OKI (Vo)の2人の掛け合いは前日よりもタフさを増し、侑威地(Ba)の重厚感あるリズムはより凄みを感じる。続く「STAY REAL」、メンバーとファンの熱量は互いに高め合い、天井知らずに昇り詰めていく。HIROSHI(Dr)の剛毅なビートに思わず拳が上がる「So...Start」、KAZUOMI(Gt)のキレのあるメロが楽曲のテンションを高める「D.A.N.C.E.」と、2日間の集大成をどんな形に見せてくれるのか期待がますます高まっていく。MCでは「2017年は悩み多き1年やったけど、この2日間で報われた。2018年は上を向いて突き抜けたい!」と新たな決意を述べる。その後は「後悔残さずに、声を聞かせて…」と、「金色グラフティー」を披露。ここでまさかのT.M.Revolutionがコラボゲストに登場し、西川&NOBUYA&N∀OKIによるボーカル同士の声のぶつかり合いに! さらにアンコールでは「ライブにどんどん足を運んでほしい。アルバムを引っ提げて、お前らの街に行くから」と2018年のバンドの新しい活動を約束し、新曲を披露。バンドが持つ繊細さと豪快さを兼ね合わせた楽曲に魅せられ、2日間全てのステージが幕を閉じた。

_

ROTTENGRAFFTY

 2018年、ROTTENGRAFFTYは新しいアルバムのリリースが期待され、さらに「ポルノ超特急」は10周年を迎える。新しい列車はどんな姿でどんな走りを見せてくれるのか、期待を高めて待ち望みたい。


»1日目のライブレポートはこちら