Information

一覧に戻る

【インタビュー】TUBE[2020/04/01]

この公演をはてなブックマークに追加 友達に教える

_

――結成35年おめでとうございます。

前田:ありがとうございます。いろんなことを思い出しますが…、ザッと振り返ると何もなかった35年だったような(笑)。
松本:何もないの(笑)!?
前田:昔、春(春畑)のお父さんに言われたんですよね。「俺達、急がなきゃいけないんです!」みたいなことを言ったら、「急がば回れって言葉を知ってるか?人生とは一歩一歩しっかりと歩いて行って、振り返った時に足跡がなきゃいかんのだよ」と。お父さんの言うとおりだったね。振り返っても自分がどこを歩いてきたかわからないし、足跡なんか見えないっていう(笑)。しかも真っ直ぐ歩いて来てないからね(笑)。

――それくらいがむしゃらに、たくさんの経験をしてきたと(笑)。

前田:そうでしょうね。いろんなところでライブもやりましたし。ライブの思い出は一番だよね。むしろそれしかないかもしれないです。
春畑:デビュー前はいつも前ちゃん(前田)の家でミーティングしてたんですが、お母さんがたくさんご飯を出してくれて(笑)。
前田:今度はうちの話(笑)?
春畑:残すと怒られるから、毎日ものすごい量のご飯を食べさせてもらってました。しかも、お母さんもミーティングに参加しているくらいのテンションだったよね(笑)。
角野:そうそう(笑)。でも35年、本当にいろんなことを経験させてもらいました。さっきもちょっと話していたんですが、CDを1曲目から最新のものまで全部聴くと2日以上かかるんですよ。そんな曲数になってきましたからね。
松本:35年、長いですよね。”喜びも悲しみも全て”…。
前田:いやそれ、俺の書いた歌詞だよ(笑)。
松本:(笑)。でも確かに、シングルもアルバムも何枚出したか数えられないぐらいですけど、それだけの歴史があるんだなっていうのはしみじみと感じますね。

_

――では改めて、7月25日、5年振りに開催される甲子園球場でのコンサートについてですが、関西のホームスタジアムに戻る今のお気持ちを聞かせてください。

角野:ライブ・ビューイングで発表した時に、ファンの皆さんがどよめいたっていうのを聞いて。あれは嬉しかったですね。
松本:最後にやった5年前、ウェーブでギネスの世界記録更新できたっていうのも思い出深いことでしたが、(前田が)「また帰ってくるぞ!」みたいなことを言ってたから、いつ帰れるんだろうなって思ってたんですよ。
前田:そんなこと言った?
松本:言ったでしょ(笑)!でもまた(甲子園球場でライブが)できてね、本当に嬉しいなって率直に思っています。
角野:甲子園って独特な形をしてるから、やっぱりあの景色が目に浮かびますよね。甲子園は本当にいろんなことがあったんですよ。台風の時期にやっていたから、仕込みの時にもいろんなドラマがあったりして。でも今回は7月。酷暑と闘うという気持ちも新たに、楽しみであり頑張って行かなきゃなって思っています。

――5年前は「感謝熱烈こまめに水分補給」というタイトルが付いていましたが、今年も水分補給は必至ですね。

春畑:暑さが年々増してますからね。体力的な心配、若干ありますけど(笑)。
前田:怯えてたじゃん、暑さに(笑)。
春畑:暑いの、怖いんですよ(笑)。
前田:でも楽しみだよね。もう今年で最後だと思って立ちます。燃え尽きて横浜スタジアムできなくなってもいいかなくらいの覚悟で甲子園へ行きますよ(笑)。だって、野球見てるだけでもバテるんだから。以前高校野球を見に行ったんだけど、カチ割りどれだけ買ったかわからないくらい買ったからね。それでもバテた。だから今、色々調べたりしてるんですよ。建設現場とかで使う、最新の冷却アイテムみたいなやつ(笑)。
角野:(ライブとして)やることはビシッとやりますけど、暑さ対策に関してはテクノロジーの力でなんとかできないかと(笑)。
前田:生身で行ったら大怪我するから。去年はチラッとミストとか出してみたけど、何の意味もなかったね(笑)。
角野:ひんやりするスプレーとか使ってたけど、それも一瞬だったし(笑)。
前田:無事に帰還することが大事だから。
松本:皆さんも体調を整えて来ていただきたいと思います。

――さて今回は事前に、「甲子園と横浜は同じ夏じゃない!」というコピーがありましたが、これは何か期待していいっていうことでしょうか?

前田:期待していていいんじゃないですか。今のところ、メニューを逆からやっていこうかと思ってるんですけど(笑)。
松本:ありがとう!さようなら!ってとこから始まって(笑)。
角野:最初から汗だくで出てくるっていうね(笑)。
前田:甲子園は久しぶりですからね。横浜スタジアムと甲子園、どちらもご覧になる方もいらっしゃると思うんですよ。「同じじゃん!」って言われたくないのでね。
松本:春畑さんのギターだけ違うとか(笑)。
角野:衣装だけ違うとか(笑)。でも何か、面白いことは考えようと思ってます。

――ちなみに、甲子園ならではの思い出というと?

春畑:5年前、記憶にも記録にも残ることがないかなっていうことで挑戦したギネスは思い出深いですよね。みんなでウェーブをやったんですけど、お客さんが一丸となって記録を塗り替えて、ギネスの世界記録をいただきました。3万人の皆さんと、17分越え。超嬉しかったです。
前田:2004年に、台風でステージが半分崩壊しちゃったこともあった。野外のライブは常に危険がつきまといますからね。あと、大阪ならではのゲストも面白かった。川藤(幸三)さんとか村上ショージさんとか。ショージさん、醤油どこに置いたか忘れちゃってね(笑)。
角野:伝家の宝刀を(笑)。
角野:たむけんさんも、マジックで「夏はサザン」って書いて出てくれましたよね。
松本:そうそう。でもお客さんのノリがやっぱり違うっていうのはありますね。関西人のアツいノリ。そういうのに負けたくないなっていうのはあるかな。下手なギャグとか言えないし(笑)。
角野:あと、サンクリさんもそうだけどグラウンド整備をされている阪神園芸さんとか、みんなで甲子園をやってるんだっていう感じがすごくあるんですよね。5年前、甲子園でのライブを一度終わりますっていう時も、「またやってください!」って芝(の管理)をやっていた皆さんのほうから言ってくださったりして。近隣住民の皆さんのご理解やご協力も含めてやらせてもらってきたので、今回もまたいい思い出になるようなライブができたらいいなと思ってます。

――では甲子園球場ということで、これまで何か珍プレー好プレーな出来事はありましたか?

春畑:珍プレーは、アプローチ事件じゃない(笑)?
前田:(笑)。初めて甲子園球場でやらせていただいた時なんですが、ちょうどゴルフにハマってたんですよ。「サンドウェッジってどれくらい飛ぶんだろう?」と思って砂でアプローチしてたら、球場の人にものすごい勢いで怒られた(笑)。そりゃそうだよなっていう(笑)。あの日は興奮して早く会場に来ちゃってたから、何も考えないでやっちゃったんですよね。

――実際にボールを飛ばしたわけではないんですよね?

前田:飛ばしました(笑)。
角野:飛ばしてたね(笑)。
松本:そりゃ怒られるわ。
前田:「ゴルフの球飛ばしたやつなんて、この球場が出来て以来いねぇぞ!」「すいませんっ!」(笑)。その場長さんも今は引退されましたが、それからはとにかく天然芝を痛めないように、グラウンドを痛めないようにって、逆に俺がスタッフに言い聞かせてきました(笑)。

_

――(笑)。ライブ前の過ごし方はそれぞれだとは思いますが、何か必ずやっていることはありますか?

前田:気合いは入れるよね。柔らかく(笑)。
角野:みんな集まって。
春畑:昔は円陣を組んで、センターで誰かが四つん這いになるんですよ。そこにみんなが体重をかけながら気合いを入れたりしてたんだけど、そろそろ怪我しそうだからってことで、だんだん柔らかい感じの気合い入れになりました。
前田:それぞれのルーティーンみたいなものはあまりないよね。みんな、本当に(ライブ)始まるんですか?っていうくらいの雰囲気(笑)。「そろそろモニター付けたいんですけど」ってスタッフが焦るくらい、着替えもしない(笑)。
春畑:ギリギリまでリラックスしていたいからね。そのほうが落ち着いてステージに出やすい気がして。
前田:ギリギリまで食ってるヤツもいるけどね(笑)。
松本:551とかね(笑)。
前田:本番前によく味噌汁一気とかできるよな。

――(笑)。食事の面もそうだと思いますが、関西での公演の際、ライブ以外で何か楽しみにされていることはありますか?

前田:僕は、甲子園球場のライブの日の夜はほとんどご飯が食べられないので、翌日、胃に優しいうどんすきを食べて帰るのが楽しみなんですよね。
角野:一時期、昼間みんなでよく肉吸い食べてたよね。
春畑:大好き。柚子切りそばとかインデアンカレーも美味しいんですよね。食べ物ばかりですね(笑)。
松本:でも大阪ってすごく来てるからね。だから逆に、もう特別な楽しみってないんだよなぁ。
前田:それでも関西はやっぱり深いからね。食べ物にしてもいろいろあるから、その辺り、もうちょっとリサーチしてみるのもいいかなと思ってますよ。
角野:何か面白いことにつながるかもしれないのでね。

――わかりました。これからどんどん忙しくなっていくと思いますが、皆さん休みの日はどんなふうに過ごされているんですか?

前田:青山あたりのカフェ行って、原宿でショッピングして(笑)。
角野:パンケーキとか食べるんでしょ(笑)。
前田:いや、タピオカですら僕の中ではもう古いから(笑)。
松本:じゃあ、次に来るのはなんですか?
前田:都こんぶ(笑)。
角野:長持ちするね(笑)。
春畑:(笑)。僕はゴルフが好きなので、スイングチェックに余念がないです。そういえばある日僕が練習をしに行ったら、偶然隣に前ちゃんがいたことあったよね(笑)。
前田:あったね(笑)。
角野:僕は映画を見に行きますね。4DXで観られるところができたので。
松本:僕はもっぱらパチンコですね。この前は3万発出しましたから(笑)。
前田:開店から並んでそうなタイプだからな(笑)。

――では最後になりますが、関西のファンの皆様へメッセージをお願いします。

松本:5年ぶりの甲子園ですからね。7月にやるのは初めてだと思うんだけど、皆さんぜひ暑さ対策を万全にして来てもらいたいなと思います。アルバムもリリースされる予定ですので、ぜひそちらも聴いていただいて一緒に盛り上がりましょう!

LIVE INFORMATION


TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2020
2020/07/25(土) 阪神甲子園球場